妊娠した時の判別方法とは

妊娠した時の判別方法とは?

自己管理次第

はっきりしない時も心身をいたわっておく

ホルモンバランスが変わることによる母体の心身の変化に、戸惑うことが多いかもしれません。
気分の変わり方が激しく、妊娠による影響はどうにもなりません。
急に気分が高まってしまい、突然涙が出て泣き出すといったことも起こってもしかたありません。
妊娠した時はそういうものだと自分で言い聞かせるなどして、お茶を飲んだりゆっくりできる時間を作ってリラックスできる環境を考えだしましょう。
トイレが近くなるなど妊娠による兆候の、頻尿も明らかで、便秘も同じです。
立ち眩みなどのめまいも、妊娠の一般的な兆候です。
外出先で突然気を失なって倒れ、救急車で救急病院に運ばれて発覚したりすることも。
自分の心身の状態は、普段から気をつけている方がいいです。

自分で検査

妊娠検査キットを使って、簡単に調べることができます。
試験紙の付いた長くペンの形状の妊娠検査キットは、すぐ購入できます。
妊娠検査キットの使用上の注意に従い、自宅で検査を行ないます。
その試験紙に、トイレで尿をかけて検査します。
説明書を読み、検査結果が陰性か陽性かを判断する方法を理解しておきます。
ほとんどの場合は、尿が試験紙にかかったらすぐに結果が出るので、判断できます。
結果が陰性であっても生理がこない時は、数日後に再度検査をします。
陰性で判定時間が過ぎてから、薄く線が出ても、それは蒸発線で陽性反応ではありません。
病院もしくは医師の診察で血液検査を行って、妊娠を診断します。
尿検査が陽性でも、その結果が絶対ではありません。
正常妊娠ではない場合などもあり、医師の診察が必要です。
出血や下腹部痛などの症状に気をつけ、早めに病院で受診しましょう。