妊娠した時の判別方法とは

妊娠した時の判別方法とは?

ホルモンの影響

基礎体温表を利用する

基礎体温をつけることは、自分の身体の周期を知る上でも大切なことです。
生理予定日付近で、もし生理のような出血があった時に、その症状のみで、自分で妊娠か生理かを判断することはできません。
日頃から自分の基礎体温をきちんとつけて月経周期を管理していると、体調の判断の材料にもなり、安心できるかもしれません。
生理がくると基礎体温は降下します。
もし妊娠した時は高温のままでわかります。
基礎体温の移り変わりを調べてみれば、妊娠か否かを推測するのに役に立ちます。
基礎体温表で排卵日などの月経周期を認識しておくと、不安はやわらぎます。
生理不順の人は、生理予定日を推測するのが難しいために、わからないことが多いかもしれません。

妊活

一般的に、女性の基礎体温は「低温期」と「高温期」との0.3℃以上の温度差はあります。
最も妊娠し易い時期は、排卵日と、その前の3日と、その後の1日となります。
体温が下がると、月経が始まります。
基礎体温表を管理することで、自分の気分や体調をコントロールできるので、安心です。
体外受精の場合などでは、妊娠判定については病院で決められている日があるそうなので、その日に妊娠判定です。
早い時期に妊娠検査薬で調べても、正確な結果には結び付きません。
人工授精の場合も、病院で指定された日があるそうです。
排卵日に合わせ、精子を子宮内に注入するため、受精から着床までは、自然に受精した人と変わりません。
自然妊娠した人同様に、妊娠検査も生理予定日の1週間以降にします。